ウオッシャブルダウンケット

お年を召した方は冷えに弱い方が多いようです。着こむと重いし疲れるし、防寒対策はなかなか大変なのです。

そんなときには、昨年ベルメゾンネットで大ヒットした「ダウンケット」がおすすめです。お手ごろ価格なのに実用性が高くて優れもの。今年はかわいい柄物の新シリーズも登場して、選択肢が豊富になっています。

薄くて軽い、でもダウンケット

かなり薄いので心配になってしまうかもしれませんが、ダウン90%、フェザー10%なので、しっかりした保温性があります。

ダウンケット各部

サイズは約140cm×60cmの長方形。163cmの人だと、首のあたりから足首くらいまで覆う大きさがあります。重量は約200gと軽量なので、重さで疲れてしまうということもありません。

たためば手の平サイズに小さく収納することができるので、持ち運びも楽ちんです。

ダウンケット 全体

薄めだからこそ、使い方いろいろ

端にスナップボタンがついているので、ちょっと羽織って襟元を止めればポンチョ風に。両端のスナップボタンをを3つか4つぐらいずつ止めて筒状にすれば袖のように使えるので、袢纏風に着こなすこともできちゃいます。

後ろは意外と長さがあって、背中あたりまでカバーしてくれるんですよ。

ダウンケット応用例

寒いときは腰の周りに巻いてスナップを止めてもOK。ひんやりしやすい腰まわりを冷えから守ることができます。アジャスターも付いているので、落ちてこないように調整することも可能です。

収納のために、裏面の端にポケットが付いているのですが、ダウンケットを腰に巻くと、ちょうどこのポケットがおなかの前あたりにくるのです。ドラえもんポケットのように、ちょっとした物を入れるのに重宝しますよ。大体、手が1個入るくらいの大きさがあります。

おなか周りに巻いて使用

スナップをつなげて大きくすれば、ちょっと仮眠をとる掛け布団にすることも。10種類のカラーバリエーションの「ウォッシャブルマルチダウンケット」と組み合わせて使えるので色の変化が楽しめます。

収納するときは、ダウンケットに付いているポケットの中に、小さく畳んで押し込めばOK。付属の袋に収納できるので、手のひらよりちょっと大きめ程度に収まります。カバンに入るくらいコンパクトになるので、車いすを使用されてる方の防寒対策として使用するのもおすすめです。

ウォッシャブルなので、洗濯機で洗うことが可能。
いつも清潔に使うことができます。

ショップサイト⇒ブランケット・ひざ掛け/ベルメゾンネットicon

※デザインは毎年変わりますが、ほぼ同機能のダウンケットが登場しています

ここでちょっとコーヒーブレイク…
管理人も冷え性なのですが、お年寄りもけっこう冷え性のようです。そして、防寒対策は昔ながらの重ね着が基本。今は素材もよくなって、薄くて暖かなものが登場しているのですが…。

最初は納得してもらうのに苦労しますが(笑)着こみ過ぎると体も動かしにくいし、肩コリにもつながるので、新素材をうまく活用していきたいものですよね。

我が家は最近、部屋着用の薄手のフリースを取り入れることに成功しました♪

その他の「あたたかい掛物」関連記事はこちら