iconicon

気を遣わせない、ちょっとした贈り物にしたいけど、品質にはこだわりたいという人におすすめの今治タオルです。幅40cm、奥行85センチの普段使いのタオルですが、大正12年から続く老舗の技が細部にまで息づいています。

正岡タオルのこだわり

東京や大阪で展開する世界的な一流ホテルの多くから選ばれるタオル、それが今治の正岡タオルです。

素材から国産を目指しているので、99%国産の糸を使用しているというこだわり派。それは、ふんわり、ふっくらしたタオルも、1本の糸から創り出されるためなのです。

洗いの工程も化学性のものを一切使わず、オレンジオイルを使って丁寧に仕上げられています。

すごいタオルのすごい秘密

「すごいタオル」に使われているのは、スピンエアー(R)と呼ばれる、クラボウの中空糸です。

内部が空洞になった変わった構造をしているのでそう呼ばれるのですが、これは綿を鞘に、芯に溶融できる繊維を紡いで糸にして、後加工で芯を溶かして作られています。だから特殊な形をした糸ですが、糸そのものは100%綿でできているんですよ。

中が空洞のため空気を適度に含むのでフワッと軽く、柔軟剤は使用不可ですが、使わなくてもやわらかな肌触りを長く楽しむことができます。また、通常のコットンより乾きが速いという性質があるので、お洗濯もしやすいという、ちょっとうれしい特長もあります。

素材から加工、製品作りまでオールメイドジャパンにこだわったしっかりしたつくりなので、プレゼントにもおすすめです。


iconicon
使うほどに幸せな肌触り
すごいタオル フェイスタオルicon
All Aboutスタイルストア

posted with カエレバ

ここでちょっとコーヒーブレイク…
お年を召した方で、皮膚のかゆみを訴える人は少なくありません。

加齢のためにお肌の水分や皮脂が減ってしまうので、皮膚の持つ保護能力が減ってしまうことが原因と見られています。皮膚の保護機能が低下していると、ちょっとしたことでも刺激を受けやすくなっています。肌着でさえ刺激になってしまうこともあるんですよ。

うちの父も一時期、皮膚のかゆみがひどくてクリームを塗っていましたが、空気が乾燥する、特に秋から冬にかけてかゆみが一層ひどくなるようでした。

こんなときは、タオルもできるだけやわらかなものに替えるのがいいみたいです。