職人仕上げのオーダーメイドゴルフグローブと、プリントゴルフボール

趣味に関する物なら喜んでもらえるというのはわかっていても、やったことがない人にとっては何を選べばいいのかわからないということはよくあります。そういった趣味の一つがゴルフではないでしょうか?

でも、ゴルフグローブなら、ゴルフのことをよく知らなくても選ぶことができるんですよ。

他にはなかなかない「自分だけ」の特別な贅沢感

職人仕上げのオーダーメイドゴルフグローブと、プリントゴルフボール

お仕立券には、自分で簡単に手形が取れる「お手型採寸キット」が入っています。

手形の輪郭だけではなく、発色剤も使用して形をとるのはアスキューだけ。2つの方法を併用することで、指先の形など細かな情報が得られ、よりフィットしたグローブが作製できるようになるのです。

発色剤は安全性の高いものが使用されているので安心ですよ。(でも、採寸後も発色剤を付けたままいるのはなんなので、使用後はよく手を洗うこと)

わざわざお店に出かけたることがないので先様の負担になりませんし、何よりここから商品の到着までワクワク感を味わってもらうことができます。

古希の場合は、お祝いの席でみんなでお祝いしながら手形をとるのもいいものですよ。お一人で形をとるのが難しくても、さり気なく手伝ってあげることができますもんね。

そして、できあがった手形をポストに投函(切手は不要)すれば、出来上がり日のお知らせがハガキで返信されてくるので、あとは商品の到着を楽しみに待つだけです。

※父の日でも人気商品のため、父の日近辺で手形用紙を返送すると、出来上がりに2カ月以上かかる場合があるので、6月第3日曜日前後は避けたほうが無難です(通常約1カ月前後でお届け)

※お仕立券自体は、PM2:00までの注文なら当日出荷OK(土日祝除く)

よりフィットしたグローブを作製してもらうために 3つのコツ

コツ1 手形を正確にとるために、しっかり押さえる

手形をとるには、発色液をつけたあと、用紙に強く押し当て、さらに上から押さえつけるようにして正確な手形をとるのがコツです。

コツ2 輪郭を正確にとるために、なぞるペンは直角に

手の輪郭も、ペンを直角に立てて形ををとります。軸の細いペンが付属しているので、それを利用すれば描きやすいですよ

コツ3 手のひら周りは適度な力で計測

ペーパーメジャーがキットの中に同封されているので、これで手のひら周りを測定します。手の厚みなどがこれでわかります。いつも使っている市販のものとサイズが違うことがあるようです。

これはグローブのメーカーによってサイズ表示にバラツキがあるためで、数字が違っていても大丈夫。市販のグローブのサイズと実測の数値を両方記入しておけばOKです。


職人仕上げのオーダーメイドゴルフグローブと、プリントゴルフボール
オーダーメイドの満足感で選ぶなら
送料無料・オーダーメイドゴルフグローブお仕立券(ゴールドギフト)職人仕上げのオーダーメイドゴルフグローブと、プリントゴルフボール
アスキュー


ここでちょっとコーヒーブレイク…
そもそもゴルフグローブってどうして片手にしかしないのか、素人の管理人にはさっぱりわからないのですが(汗)ゴルフを楽しんでいる友達を見ていると、人の体とゴルフクラブの接点としてとても大切なものなんだそうですね。グリップをしっかりと握るために必要なもののようです。

一般には安価な合成皮革のものを使用することが多いようですが、天然皮革でできたものはやわらかく、プレーする上でのフィーリングを敏感に感じ取ることができるので、プロや上級者に使用する人が多いんだとか。

アスキューのサイトは父の日になるとアクセスするのも大変になることがあるのですが、やはり「プロが使用する物」は憧れもあって、プレゼントしてもらうお父さんは喜ばれるんだろうな~、なんてことを思うのでした。

最近では第3日曜日を過ぎても「遅れてごめんね」と父の日プレゼントを準備する人もいるようなので、まだちょっとサイトが重いようです。今から注文しようと思ってる人は商品到着まで少し待つことになるかもしれません…(汗)